世広の路線バス広告 初回キャンペーン実施中!!

世広では、千葉市内をほぼカバーする「京成バス」と「小湊バス」の千葉市内路線における各種車内広告スペースの権利を持っています。

この度、1車両に唯一の媒体である「運転席後部ポスター広告」について、初回掲出のお客様限定キャンペーンとして特別価格を設定いたしました。媒体資料を添付しますので、この機会にぜひご検討いただければと思います。なお、台数に限りがございますので、ご興味がございましたら早めにご予約をいただければ幸いです。

路線バスは通勤や通学など、生活者の身近な乗り物として地域に密着した「毎日乗る人」がたくさんいる公共交通手段です。

つまり、同じ人に何度も同じ広告をリーチさせることができる、というメリットがあります。バスを利用する通勤・通学者やファミリー層、中高齢者をはじめ、エリアによってはビジネスマン等 不特定多数のバス利用者への反復・認知訴求ができます。目的のバス停に着くまで、広告をじっくり見てもらうのに十分な時間を確保する事ができる接触率の高い地域密着型の広告媒体とも言えます。電車の広告媒体と比較すると、低コストであるのもバス広告の特徴です。車内広告の種類としては、窓上に掲出される「まど上ポスター」や「窓面のステッカー」、「運転席後部ポスター」などがあり、特に「運転席後部ポスター広告」は、バス広告の中でも最も人気が高い媒体です。いつでもデザインの差し替えが可能で、季節ごとの商品、求人など各種募集・ PR などにも最適です。

運転席後部ポスター広告は、その名の通り、車内運転席の裏に設置されたボードにポスターを掲出する広告媒体で、ポスターはB3サイズが基本となります。
バスの座席は前向きとなっているため、しぜんと目に入りやすく、乗車中、読み進めるのに十分な時間を得られるので、広告接触率と広告到達率が高くなります。

期間は通常1ヶ月から、台数も選択でき、予算に合わせた掲出が可能なことも、人気となる理由の一つです。目線の高さにあるので、降車の際は必ず視界に入ります。1台につき1枠ですので、媒体価値が高く、営業所によっては、10年以上継続して掲出している広告主もあります。
商品や店舗の認知向上、サービスやキャンペーン、イベントの案内などを目的としたご利用機会が多い広告媒体です。

資料は、こちらからダウンロードすることができます。